« 輝宿舎にニーズはあるのか | トップページ | やりたいこと~根幹の部分 »

2011年1月24日 (月)

軍事費を福祉費に

現首相は「自国が平和であればよいということではない」という旨の発言をしてました。

じゃあ、将来的な国際平和のためなら直近の犠牲=戦争は免れないのか?

日本は第二次世界大戦を最後の世界大戦にする、最後の戦争にする責任を敗戦と同時に負ったようなもの。

その方策としての戦争放棄=憲法九条は、決して「自国のみ平和であればよい」という理念ではないはず。

しかし日本は憲法九条の大事な理念に背を向けたまま。

自衛隊しかり、在日米軍しかり。

その上、国際平和を脅かすだけの紛争に協力できるような法律を作ったり、憲法改定を模索しようとしたり。

いい加減気付いてほしい。

国際平和のために必要なのは理解と共生にあることを。

そして、本来ないはずの軍事費(防衛費と呼んでごまかしている)をなくし、自衛隊も発展的に解散(陸上〜は災害復旧隊へ改組、海上・航空〜は保安庁と合流)して、その予算を福祉にまわしましょう。

いつまでも福祉後進国でいてはいけません。

・ ・ ・ ・ ・

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
にほんブログ村

|

« 輝宿舎にニーズはあるのか | トップページ | やりたいこと~根幹の部分 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1426382/38593233

この記事へのトラックバック一覧です: 軍事費を福祉費に:

« 輝宿舎にニーズはあるのか | トップページ | やりたいこと~根幹の部分 »