輝宿舎構想

2011年5月11日 (水)

提案:輝宿舎構想

前提:寄宿舎の現状

問題定義:寄宿舎閉舎で残る課題

と併せてご覧いただければ幸いです。

・ ・ ・ ・ ・

そこで、障害児を抱える家庭を支援することで障害児の登校を保障し、さらに保護者の生活を支えていくものを築いていきたい。

ごく簡単に言えば、すこし福祉に舵を振った寄宿舎として、輝宿舎を創り上げたい。

さしあたり想定している対象は肢体不自由児です。

うまくいけば知的障害児にも拡げていきたい。

その構想の実現にあたり、ネックに感じていることはあります。

まず一点目は、利用者が払う費用の問題。

いくらなら適正なのか、就労等の関係で費用の支払いが難しい家庭をどう支えていくのか、そもそも費用を求めるスタイルがこの構想実現にふさわしいのか・・・。

二点目は、どういった形態で運営していくのがいいのか。

株式or有限会社?社会福祉法人?NPO法人?はたまた・・・?

三点目は保護者の声から。

「寄宿舎は学校にあるから安心して預けられた」という声は多い。

しかし、輝宿舎は、学校と連携していく方向性は持てても、学校にあるものには決してならない。

その中で寄宿舎並みの信頼感や安心感を得るにはどういう努力が必要になるのか・・・。

ほかにも課題はたくさんある。

超えなければいけないハードルがたくさんある上に、全てが見えているわけではない。

でもニーズはあると信じている。

もっとニーズを掘り下げ、よりよい形で応える具体策としての輝宿舎を実現に向けて動かしていきたい。

とりあえず今は発信していくのみ・・・。

・ ・ ・ ・ ・

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

問題提議:寄宿舎閉舎で残る課題

前回からの続きなのに間が空いてしまいました。

ぜひ前回の記事も合わせてどうぞ。

・ ・ ・ ・ ・

「学校の設置、スクールバスの配備で「通学困難」は解消された」として削減されている寄宿舎。

登校保障は必要だが、そのための家庭支援は教育の仕事ではないというのが都教委の主張です。

その受け皿として提示されたのは地域の福祉。

しかし、福祉は「家庭支援には限界がある」としています。

寄宿舎が家庭事情による通学困難を解消する役割を担っている現状を踏まえ、「寄宿舎と同じ福祉サービスは提供できない」と断言しています。

さらには「生活支援は当事者の申請と手続きがあれば応えるが、登校保障は学校で担保してほしい」とさえ主張します。

結果、登校させるのが難しい事情を抱えた家庭は、教育からは見放され、福祉にも完全には救われない事態に陥っています。

もちろん、中には複数の福祉サービスをうまく活用している家庭もあります。

ただ、複数の福祉サービスを併用してもなお充分な登校保障に繋げるのは簡単ではありません。

また、サービスの利用には様々な手続きと費用が必要です。

そのことが負担となって福祉サービスの利用に踏み切れない家庭も少なくありません。

そのような状況をどうすれば打開できるのか。

それが課題です。

・ ・ ・ ・ ・

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

前提:寄宿舎の現状

寄宿舎の本来の設置理由は、教育庁の言う通り「通学困難の解消」による児童・生徒の登校保障でした。

まだ養護学校の数が少なかった時代には、登校のために「入舎(寄宿舎に入ること)せざるを得ない」児童・生徒がほとんどでした。

時代が下り、養護学校の数が増え、スクールバスが配備されるようになると、元来あった「通学困難」は少なくなっていきます。

一方で、学齢期の子どもたちが集団で生活を送る中で得られる教育的な意義が見直され、次第に「教育的入舎」といわれる形態が主流になっていきます。

寄宿舎としても、より教育的な意義を模索していきます。

その過程で、完全な自立を目指す厳しい訓練的な指導をしていた時期もありましたが、様々な実践と検証、舎生(入舎している児童・生徒)の実態を踏まえ、豊かな生活から多くの経験を積む場となっていきました。

さらに時代が下ると、児童・生徒の重度化が進み、それぞれの実態に合わせた実践を模索していきます。

その流れの中、家庭環境が整わない(母親の妊娠・出産、ひとり親、親の就労など・・・)ことで登校が難しい児童・生徒を寄宿舎で受け入れるケースが増えてきました。

いわゆる「家庭事情」による入舎です。

時代により主なニーズは変わりつつ、寄宿舎は障害のある子どもたちの生活力の向上と社会性の涵養を目指してきました。

しかし、平成16(2005)年に都教委が示した「東京都特別支援教育推進計画」では、「寄宿舎の再編整備」の名の元に寄宿舎削減(11→5)が打ち出されました。

寄宿舎での実践や現状を無視し、あえて「本来の」設置理由である「通学困難」に入舎理由を限定することで、寄宿舎の役割は終わったと説明しています。

実態は、財源確保と経費節減のために、知名度が低い寄宿舎をつぶすということに他なりません。

保護者が立ち上がっての反対運動や署名活動なども空しく粛々と廃舎は進められています。

寄宿舎に代わる施設や制度もないままにです。

それが寄宿舎を取り巻く現状なのです。

・ ・ ・ ・ ・

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

輝宿舎構想の実現へ

「寄宿舎は、そもそもが教育目的。遠隔地で通学が難しく、学校教育を受けられない子供のために設置された。
その後、特別支援学校は各地に増え、スクールバスも整備され、通学できるようになっている。
障害児を抱えた生活は大変だと思うが、(寄宿舎は)家庭の生活を支援する所ではない」
(改行、()は投稿者が加筆)

・ ・ ・ ・ ・

3月25日付「都政新報」に掲載された寄宿舎に関する記事の中で、教育庁が示した寄宿舎再編整備(という名の削減)の根拠。

しかし、寄宿舎という支えを失って、子どもを登校させられなくなる家庭が少なからず存在するのも、また事実。

そのことには目を向けず、寄宿舎に代わる支えも提供せず、地域の福祉に丸投げして進められていく寄宿舎再編。

丸投げされた地域(区の福祉課)からは、「なぜ寄宿舎をなくすのか」と問われ、「寄宿舎の代わりはできない」と言い切られている。

そもそも、「通学保障」が教育の役割であるならば、「通学保障」のために家庭を支援することも教育の役割になって然るべき。

「通学困難」を物理的な要件(通学距離や通学時間など)に限定するのかという根拠は示さず、「家庭支援」は福祉という線引きだけ行っていく。

かといって、受け皿となる福祉の整備はなし。

家庭支援がないことで充分な教育が保障されなくなることは全く無視されているのです。

今回、福祉に後ろ向きな都知事が4選を果たしました。

寄宿舎が再評価され、復権していく道は完全に絶たれたと言っていいでしょう。

私はこの現状を打破するために、輝宿舎構想を早く形にしたい。

ここでベラベラと呟いても仕方ないけど、今はこれしかできない。

誰か手を貸してほしい。

ともに輝宿舎を築き、一人でも多くの「通学困難」を解消するために。

・ ・ ・ ・ ・

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

「休みます」は減らせるか

肢体不自由特別支援学校高等部2年生のAくんの事例。

生徒会のAくんは来たる卒業式で送辞を務めることになった。

本人も意欲的。

しかし、ここで一つ課題が。

卒業式の日は給食がなく11:30に下校。

今までの傾向からいくと、Aくんは11:30に下校する日はほぼ欠席するのです。

理由は、保護者のお迎えが、仕事の関係でできないから。

この課題を前に、学校は「どうしたものか」と頭を抱えるばかり。

給食もないため、学校内で保育(表現上おかしな言葉ですが、これ以外に言いようがない)するのも難しく、かと言って保護者に「仕事を休んで」と頼むわけにもいかず。

福祉サービスで活用できるものもなく。

できることは「出席させてほしいのですが」とお願いすることだけ・・・

・ ・ ・ ・ ・

実は、こういった事情で学校に出したいけど出せないという事例は、肢体不自由特別支援学校ではそれほど珍しくありません。

介助が大変な場合には、「やっとの思いで登校させても休む間もなくお迎えに行かなきゃならないのは心身ともにきつい」と休ませる事例もあります。

あるいは、送り出す保護者が体調を崩してしまい、本人は元気だけど出せないという事例も。

こういった事例は「事故欠席」、つまりは「仕方ない休み」として処理される場合がほとんど。

それ以降は特に顧みられることもなく進んでしまいます。

そんな「事故欠席」を減らしたい。

輝宿舎が放課後保障に加えて登校支援もできるようにしたら減らせるかもしれない。

それを一つのニーズとして受け止めてもらえないだろうか。

どうすればそのニーズに応え、「行きたい学校にちゃんと行ける」手助けができるか。

輝宿舎構想を進める上での重要なテーマです。

・ ・ ・ ・ ・

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

やりたいこと~枝葉の部分

では、放課後に何をしたいか。もしくはさせたいか。

小学生に対しては、ほぼ学童クラブに準じた内容ですね。

遊ぶ場や時間、機会の提供、必要に応じた学習の保障、集団生活を通した社会性の涵養。

それに加えて、それぞれのにある障害に応じたケアやリハビリなどを、学校や家庭と連携して行っていく。

中高生には、さらに就労や進学に向けたサポートもしていきたい。

学力的な補習やパソコン実習、必要なリハビリやトレーニングなど。

これに関しては、特別支援教育に対する思いや意見も明確にしないとうまく言えませんが、それはまた別の機会に。

また、小中高の枠を超えた関わりを持つ時間も設定し、異年齢集団から得られるもの、例えば年下のメンバーを思いやる気持ちや年上のメンバーを目標にする気持ちなどを育てていく。

こうして文字にすればするほど、自分は「寄宿舎」を作りたいんだな、ってことに気づいてしまいます。

簡単に言えば、そういうことなのかも知れません。

・ ・ ・ ・ ・

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

やりたいこと~根幹の部分

輝宿舎・ごせんふでやりたいこととは何か。

まずはこれを語っておかねば。

最初は根幹の部分について。

私が、輝宿舎・ごせんふでやりたいことの根幹にあるのは、障害児の放課後保障です。

学校が終わった後過ごす、家庭以外の場を提供したいということです。

健常児なら学童保育に当たる部分ですが、小学校低学年だけでなく、小中高に渡って提供したいというところが違います。

また、学童保育が親の就労を基本としていることとも一線を画したいと考えています。

一定の基準は設けなければならないのでしょうが、それは単に働いているか否かではなく、放課後保障の必要性がどれだけ高いかを総合的に斟酌できる基準でありたいと思っています。

ちょっと漠然としていますが。

障害児の養育をしている保護者の中には、朝学校へ送り出し、夕方下校を迎えることで一日のほとんどを終えてしまい、働きたくても働けない、自分磨きもできないという人は少なくありません。

学童保育に頼ろうにも、「障害がある」ことで門前払いされることも珍しくはありませんし、仮に学童保育が受け入れてくれてもそれは小学生まで。

中高生になるとどこにも受け入れ先がないのが現状です。

健常児なら部活をやるなり、勝手に遊びに行くなりできるでしょうが、障害児はそうはいきません。

ヘルパーを利用する家庭もありますが、障害の程度によって活用できる幅に差があり、かつその基準も本当の必要性や実態に合っているかというと疑問が残ります。

いろいろな体験や関わりから多くを学ぶ学齢期に、家と学校を往復するだけの日々を送ることがどれだけもったいないことかは明白です。

輝宿舎・ごせんふは、そんな毎日の中で家庭と学校の間にある「クッション」のような役目を果たせたらと思っているのです。

そこから具体的にこんなことやあんなことがやりたい・・・と発想はふくらみますが、それはまた後日、枝葉の部分として書きたいと思います。

・ ・ ・ ・ ・

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

輝宿舎にニーズはあるのか

なんて、根底から自らの構想をぶちこわすかのようですが。

現在東京都の特別支援学校(以前の盲・ろう・養護学校)に設置されている寄宿舎は8舎。

そのうち今年度末、来年度末、6年後の平成28年度末にそれぞれ1舎ずつ閉舎になるので、最終的には5舎になります。

削減が始まる前は11舎あったので、6舎減です。

特に、今年度末と来年度末に閉舎になる寄宿舎では、保護者のニーズ(裏を返せば舎なき生活への不安)が高く、舎の存続、もしくは同等の施設の構築を求める声が挙がっています。

そういった、いわば「寄宿舎経験者」にとって、この輝宿舎構想は一定受け入れられるのではないか、ニーズがあるのではないかと思うのです。

では、従来から寄宿舎非設置校に在籍している児童・生徒や保護者にとってはどうなのか。

ニーズがないとは思いませんが、伝わらないんじゃないかという不安はあります。

いわば「寄宿舎未経験者」に対しては、ニーズの掘り起こしをより深く、より丁寧に行っていかないといけないといけないということなんだろうなぁ、と思って見たりします。

と考えると、いったい非力な自分に何ができるのだろう・・・と自信を失いかねませんが、そここそががんばりどころなんでしょうね。

今はまだ、自分自身が寄宿舎に勤める身で、自らの勤務をまずは全うしなければなりませんが、その中でいろいろとヒントを見つけて活ければとも思っています。

・ ・ ・ ・ ・

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

「輝宿舎」「ごせんふ」の由来

「輝宿舎」

もちろん、「寄宿舎」を基にした造語です。

構想をひとつの言葉で表現するに当たり、最初に思いついたのは「真・全自動型学童保育クラブ」でしたが、長ったらしいわりには伝えきれない。

小学生だけでなく、中学生・高校生も対象にしたいこと、ゆくゆくは宿泊も視野に入れることなどを考えたとき、「学童クラブ」はちょっとずれたものになってしまう。

で、やっぱり自分がやろうとしていることは寄宿舎なんだと再認識。

でも、新しく創り上げるものに新たな名をつけたい。

そこで頭に浮かんだのが、障害者福祉を語る上で欠かせない、このフレーズ。

「この子らを世の光に」

障害者をこそ社会の中心に考えることが、本当にいい社会を作る上で大切なのだ、と説いたこのフレーズ。

これだ!自分の構想の終着点だ!

そこで、光の輝きを磨き上げる寄宿舎という思いを込めて、「輝宿舎」と名付けました。

・ ・ ・ ・ ・

「ごせんふ」

じゃあ、その輝宿舎の施設としての、いわばニックネームみたいなものはどうしよう。

金子みすゞさんの詩「私と小鳥と鈴と」の有名なフレーズ、「みんなちがって みんないい」を著せる名前。

消えていった候補:やじろべい、パレット・・・などなど。

ふと、浮かんだ。

音符が並んだ五線譜。

いろんな音階、音符、記号が織り交ぜられて、ひとつの美しい音楽を作っていく五線譜。

どの音符もどの記号もどの音階でも、それぞれがそれぞれ大事。

そんな様子を、「みんなちがって みんないい」に重ねて。やさしい語感にしたくてひらがなに。

・ ・ ・ ・ ・

このような経緯で名付けられたのが、「輝宿舎・ごせんふ」というわけです。

はじめなので説明じみた分掌が続いていますが、ご承知おきを。

・ ・ ・ ・ ・

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
にほんブログ村

・ ・ ・ ・ ・

ちなみに、管理人のハンドルネーム・あさかぜは、元祖ブルートレインの愛称「あさかぜ」からいただきました。

元祖にあやかって先駆者を目指すということと、障害児・障害者福祉の夜明けを導きたいという思いも込めて。

まぁ、ただ鉄ちゃんなだけかもですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)